公務員にもリストラの波が到来?メガバンクが人員削減を発表。

公務員の再就職

公務員が安定、クビにならないと言われていた神話が崩れるかもしれない。そういう変革期の到来を予感させるニュースがある。

それは、銀行の人員削減だ。今やリーマンショックから立ち直り、株価や有効求人倍率は数十年振りの高水準にある。バブル経済の時期とまではいわないが、それほどまでに社会は売りて市場になってきている、かに思われた。しかし、最近になり、メガバンクであるみずほフィナンシャルグループ(FG)、三菱UFJ、三井住友の両FGがそれぞれ人員削減を検討している。

みずほフィナンシャルグループ(FG)が1万9000人の人員削減を発表し、三菱UFJと三井住友の両FGがそれぞれ9500人、4000人相当の業務量削減を検討中というニュースが、雇用マーケットで激震を生んでいる。銀行が不要な時代がやってきた。人工知能(AI)が人間の仕事を奪っていく。

なぜこの好景気にリストラ案が浮上?

9月の有効求人倍率は1.52倍と47年ぶりの高水準を維持し、企業から内定を得た就職希望学生の64.6%が内定辞退している(就職みらい研究所調査。2018年卒業予定の大学生、17年10月1日時点)という、この超人手不足・採用難の時代に、メガバンクの大規模な人員削減策が発表

少し前までは不況と呼ばれ、私が就職したときは、統計を取り始めて以来過去2番目に低い就職率だったのが数年前だ。あれよあれよと経済が回復し、3年後には東京オリンピックも控えている。そうした中、メガバンク3行あわせての3万人以上の職員のリストラが発表された。

就職情報サービスのディスコの「キャリタス就活2018」が発表した就職希望企業ランキングで、みずほFGは1位、三菱東京UFJ銀行は2位、三井住友銀行は5位

メガバンクといえば、学生の就職希望先でも常に上位に位置する企業たちだ。その競争は激しく採用後3年以内に3割が離職するともいわれているが、生き残れば給料的にも社会的信用てきにもいわゆる勝ち組になれることもあって人気だ。その分、採用人数も多く、文系はまず押さえておく職業だ。

にもかかわらず、なぜリストラに踏み切ったかというと、さまざまな理由が噂されている。

(1)「マイナス金利」説

最も多い分析は、日銀によるマイナス金利政策の長期化や人口減などで、国内の銀行業務が構造不況の色合いが濃くなってきたことが引き金になっているという視点。国内銀行の貸出約定平均金利はマイナス金利導入直前の2016年1月から2割近く下がっている状況です。メガバンクは4割近くを海外で稼いでおり、国内の収益の落ち込みを海外で補う構図となっています。これでは国内業務の効率化やリストラは避けられず、環境がさらに悪化すれば大量の希望退職の募集などに踏み込まざるを得なくなるリスクもあります。

(2)「AI変革」説

もう1つが、AIやフィンテックと呼ばれる金融技術の進化によって、銀行業務そのものが消滅しつつあるという説。特に資金決済など、従来、銀行が担ってきた業務が急速に新しい仕組みに置き換わりつつあることが、大きな影響を生んでいるという指摘です。ATMやパソコンを使った振込に変わるレベルではなく、銀行そのものを経由せずにスマートフォン端末だけで決済ができてしまう新しい仕組みが進展しつつあります。こうなると、頼みの綱の海外売り上げも奪われていくことになります。

(3)「仮想通貨」説

3つの目の視点が、ブロックチェーン技術を使ったビットコインなどの仮想通貨の進展。これが広がれば、伝統的な銀行は致命的なダメージを受けることになります。しかも、たった数年で景色が一変するくらいのスピード感があるため、意思決定に時間がかかっていては銀行側の打開策自体も消滅しかねない勢いです。

以上の3点を「銀行だけか」と安心している人は危険です。

その波は決して金融機関だけではなく、家電や鉄鋼、自動車といった、これまで日本経済をけん引してきた大手企業と傘下のグループ会社、膨大な数の中小取引先企業に波及しかねないものです。

当たり前の話ですが、大手の銀行、つまりメガバンクでこの状態ですから、地方の都市銀行なんてもっと危機的状況に陥るかもしれません。少し色を変えれば、信用金庫、JA、などもそうですね。今後、どんどんリストラのニュースが飛び出してくるかもしれません。

それに付随するように銀行の取引先に影響がでます。それはそうですよね。銀行がつぶれれば企業も共倒れですから。そうなると、銀行は企業から資金の引き上げを行うことになります。急にそんなことをいわれても・・・といっても時すでに遅しかもしれません。自分の会社の経営が傾こうとしているのに悠長に構えている銀行マンは見たことありませんから。

AI技術の発展が人の仕事を奪うときは確実にやってきます。みなさんが笑いながら使っているiPhoneのsiriなんて典型的なものです。siriが全部答えてくれるようになれば、すくなくとも窓口の従業員は必要ありませんから。

これは公務員にも言えることです。公務員も同じような仕事は多いわけです。窓口は臨時職員だと安心しても無駄です。民間企業がすべてAIを取り入れ人員削減、給料カットをすれば、当然、公務員も引っ張られます。第一、引っ張られているからこそ、今の公務員の立ち位置なんです。

少なくとも、バブル期が再来しても、公務員のポジションはもう変わらないと思います。今から入庁してくる若手には厳しい話ですが、給料や退職金は下がるしかないことは明らかです。このようなニュースを見て他人ごとのように感じていてはまずいです。転職等を頭にいれ動き出すタイミングにきています。

20年前までは携帯電話すらなく、スマホなんてもってのほかでした。今やどうです?1人に1台は携帯電話を持ってますよね。その進歩でいって、40年後の定年まで今のシステムでいけるわけないですよね。転職を促しているわけではありません。資格をとるなり、その準備をしておくこともできるはずだと言っているんです。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました